代表挨拶

世界から50年遅れた日本の精神科医療

精神保健医療の施策である、「入院治療中心から地域生活中心へ」とシフトされたのが今から15年程前ですが、まだまだ地域での精神障害者への理解やサービスは、十分とは言えません。そのような中で、受け皿となる訪問看護ステーションの役割は、非常に大きく期待されている訳ですが、精神科領域においてはやはり、専門性の高い訪問看護ステーションをお勧めしたいと思います。これは様々な診療科を経験した私が日々感じることです。病気や症状を裏付ける明らかなデーターはなく、100人いたら100通りの症状があります。見えない心を取り扱う精神科ならではの知識やスキルの上に意図的で繊細なコニュニケーションアプローチがあります。同時に医療者自身の自己管理能力も非常に大切であり、プロとしての力量が、常に問われます。これらの準備がなく訪問をしてしまうと、ヘルパーさんと間違えられたり、お茶のみ友達で終わってしまったりして支援の方向性を見誤り、本当のその方のリカバリ~に添えなくなってしまうのです。
ハートフルでは、精神科病棟での基礎をしっかりと身につけた精神科専門護師、精神科認定看護師、保健師、看護師、助産師、作業療法士、公認心理士等がスタンバイをしています。多職種で、その方のご家族のこころと体の回復にアプローチをし、本来の自分を取り戻すお手伝いをいたします。まずは、自身にしっかりと向き合い、毎日たっぷりケアをする事。そしてオンオフをつけて楽しむ事。これは働くスタッフにもよく伝える言葉です。

 

ビジョン 「制限を超えていける、社会の実現」

私たちは様々な制限をいつの間にか自身に取り入れています。これは助けになる時も、助けにならないものもあるはずです。より良い選択をしあらゆる可能性を広げていけること。そのためには、制限に気づき、それを超えていけることを容易にしていく、これがハートフルのビジョンです。そのために私たちは「美しく、しなやかで賢い組織」をハートフルのスタッフ像として描いています。このようなハートフルスタッフを100人創り出し、地域の利用者様とご家族様、支援者の方々のこころと体の元気と健康の為になり、明るい精神科医療、看護につなげたいと思っています。多くの方に心地良い医療、介護、福祉を受けていただけるように私たちは、今日も自転車をこいで、あなたの住みたい、暮らしたい場所へおじゃまさせていただきたいと思います。持続可能な未来のために。

2020年晩秋 代表取締役社長 渡部 貴子

 

プロフィール
国際線のCAになる予定だったが、突如三育学院短期大学看護学部へ入学。キリスト教の教えの中で看護師資格を取得。その後からこれまで、海外放浪5ヶ月、育児休暇5ヶ月間以外は現場。がんセンターでのICU、脳外科、整形外科等を経て、在宅看護へシフト。学生、ヘルパー教育等の講師や、訪問看護ステーションの立ち上げ業務には介護保険開始前より携わっていた。
2013年、自身の勤務していた在宅クリニックの突然の閉院により、その中の訪問看護部門を譲り受けることになる。宣告をされてから3ヶ月というスピードで株式会社ハートフルを設立、ハートフル訪問看護ステーションという名前を残しながら、新たに中目黒の商店街に1号店を開設した。

趣味 ジム通い
長所 決断の速さと行動力
短所 すぐ忘れる
好きな言葉 「全ては上手くいく」

Copyright © HEARTFUL Co.,Ltd. All rights reserved